東京オリンピック・パラリンピックを彩るナレーターは、片岡晟しかいない。

こんにちは。顔面台風ナレーター片岡晟です。

台風が吹き荒れている地域の皆さん、ご無事でしょうか。

どうかご無理をなさらず、お家でゆったりお茶やコーヒーを飲んで過ごしていただけたらと思います。

 

* * * * * * *

 

なんか最近美味しいご飯屋さんばかりブログ書いてて、本当にナレーターしてるの???

みたいな声もちらほら聞こえてきそうなので、今日はしっかりナレーターナレーターしてるところを紹介したいと思います。

 

 

というわけで今回紹介するのは!(ナレーター感)

ナレーター片岡晟の、スポーツボイスサンプル〜!(エコー)

 

たまに僕の声を紹介しないと本当に僕がナレーターであることを忘れられそうなので、

定期的にボイスサンプル(こんなナレーションできますよーというのをアピールする、ミュージシャンでいうデモテープみたいなもの)を紹介していこうと思います。

では早速こちら。

①ボルダリング 伊藤ふたば選手

 

 

東京オリンピックで正式種目となる、ロッククライミングの競技の一つ、ボルダリングです。

今回は東京オリンピック代表候補として期待されている伊藤ふたば選手にフォーカスを当ててみました。

 

2年後には地上波のオリンピック特集の各番組で僕が伊藤ふたば選手についてナレーションしたい!!します!!必ず!!

 

②パラ水泳 一ノ瀬メイ選手

 

 

東京パラリンピック代表候補、一ノ瀬メイ選手です。

生まれつき右ひじより先がない一ノ瀬メイさん。もちろん、最初から順調な水泳人生を歩み始めたわけではありませんでした。

 

パラリンピックの試合を見ているとすごく励まされます。

一ノ瀬さんのように、ハンディキャップを乗り越えて自分の限界に挑む姿は、身体的なハンディキャップを持たずとも、いろんな壁に対峙している僕たちに勇気をくれます。

そんなパラアスリートの方たちを僕もナレーションで応援したい。

その想いで、東京パラリンピックを応援するナレーションの仕事がしたいです。

 

③ボクシング 村田諒太

 

 

言わずと知れた、ロンドンオリンピック金メダリスト、村田諒太選手です。

昨今、国際的にも国内的にもボクシング団体の信頼性が揺らいできていて、東京オリンピックでボクシングが競技として除外される可能性、また除外されなくても日本選手が出場停止になる可能性が示唆されています。

しかし全世界、全国のボクシング選手たちのためにも是非実施競技として採用され、東京オリンピックという舞台で思う存分にリング上で舞ってほしいです。

彼らの極限にまで自分を追い込む姿には僕も勇気をもらっているので、東京2020でもナレーションで精一杯の応援を送りたいです。

 

* * * * * * *

 

こんな感じのスポーツナレーションを繰り広げてます。

まだまだスポーツナレーションを含むボイスサンプルはたくさんあるので、

次回のボイスサンプル特集をお楽しみに。

 

以上、顔面だけじゃないナレーターの片岡晟でした。

ナレーションのお仕事、どしどし募集してます!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です