豊洲市場公開初日!豊洲も築地も活気があって未来は明るい!

こんにちは。顔面移転型ナレーターの片岡晟です。

 

さて、10月13日一般公開開始当日、移転したばかりの豊洲市場に行ってきましたよ!

 

 

 

最寄駅はモノレールゆりかもめの「市場前駅」。

豊洲市場が開場するまでは正直なんんんんんにもない駅でした。

 

駅からも市場が見えます。わくわく。

 

公開初日というのもあって駅には観光客がたくさん。

 

 

市場への入り口である渡り廊下を歩いて、

 

たどり着きました豊洲市場!なんか近代的!

見学ルートがいくつかあるのですが、お昼に到着したのもあってまずはやっぱり関連飲食棟へ。

 

人。

人。

人。

 

カメラ&人。

 

そりゃそうだよね、公開初日だもん。。。

というわけで、どこの店舗も行列と報道陣でごった返していました。

人波が落ち着くのはどれくらいになるのか、、、

もうしばらくは行列に甘んじるしかなさそうです。

 

空腹を少し我慢して別の見学ルートへ。

 

そこには市場関係者が市場場内を行き来するあの乗り物、通称「ターレ」が!

 

そりゃ乗ってしまう。

完全にテレビカメラに捕捉されてるけど情報番組などに使用された情報なし。

こんなにテレビ映えする顔なのに。

 

ズンズン進んで物産エリアへ。

はい混んでる。みんな考えることは同じなのね。

ここも結構面白いお店が揃ってました。

 

 

だし巻き玉子屋さん、包丁屋さん、日本初のチーズ市場を構えたお店など、、、

まだ開店してないお店もあったので、

全店揃い踏みでまた来てみると賑やかで楽しいスポットになってると思います。

 

楽しいものをいっぱいみて目を喜ばせてあげた後は、今度こそお腹も喜ばせてあげないと!

というわけで今全国で最も人口密度が高い場所であろう豊洲を抜け、

移転した直後の様子を見てみようという思惑もあって築地へ!

さっき見つけたターレに乗って未開通の環状2号線を突っ走ってショートカット!!

 

…というわけにもいかないのでサクッとタクシーで向かいました。

 

じゃーん!

勘違いしてる人も多いのですが、移転したのは築地の「場内市場」。

一般向けの店舗が並ぶ「場外市場」はこれからも営業を続けていくのです。

 

 

豊洲初日だったにもかかわらず、築地もそれ以上の活気を呈していました。

 

僕が築地に寄るといつも入る海鮮料理屋さん「虎杖(いたどり)」で海鮮丼を喰らいます。

たまりません。海鮮ものを食べたら、海鮮ものを食べたくなった。

すしざんまいへ「はしご海鮮」します。

僕のすしざんまい木村社長フェイスで店員さんが社長が来店したと勘違いして割引してくれないかな〜と思いましたが、僕のテーブルを担当してくれた店員さんが僕以上に木村社長に容姿も声も似てて

「そりゃかなわんわ〜〜〜」

ってなった。

 

もうこっからはまさに「すしざんまい」です。

 

うに〜!

マグロユッケ〜!

炙りサーモン、クジラ、かにみそ〜!

ホタルイカの黒造り〜!

 

いやもうほんと満足。

豊洲もこれから楽しみだけど、築地も場外の人たちが築地ブランドを守るべく一生懸命働いてて、

来た人たちを美味しいものでお出迎えしてくれているんだな、と涙腺が緩みました。

 

築地の夜空に乾杯している片岡。

 

豊洲はこれからが楽しみ!

築地はこれからも楽しみ!

両者とも活気があって、これから共栄していく関係になれば素敵だなあ。

そこで働く人たちがそこをいい場所にしようと奮闘し続ける限り、

豊洲も築地もずっと発展していくはず。両市場とも、未来は明るいです。

 

次は公開フィーバーが落ち着いた頃に豊洲に行ってみたい。

その頃には開通しているであろう環状2号線をターレでドライブするのを目標にしようと思います。

思いません。

 

以上、顔面海の幸ナレーターの片岡晟でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です